CCMS

東北大学 金属材料研究所 計算材料学センター

Center for Computational Materials Science

  1. 大規模並列計算サーバ(Cray XC50-LC)マニュアル
  2. アクセラレータサーバ(Cray CS-Storm)マニュアル
  3. 並列計算・インフォマティクスサーバマニュアル


大規模並列計算サーバ(Cray XC50-LC)マニュアル

利用マニュアル

マニュアルは下記のPDFデータをご確認ください。

  1. 大規模並列計算サーバ(Cray XC50-LC)マニュアル(20191108) PDF
  2. 大規模並列計算サーバ(Cray XC50-LC)詳細マニュアル PDF
    *閲覧するにはスーパーコンピューティングシステムのIDとパスワードを入力してください。

コンパイラ詳細マニュアル

ライブラリ詳細マニュアル

Cray LibSci

  1. LibSci概要情報
    super.sc.imr.tohoku.ac.jpにログインし、下記のコマンドを実行
    $ man intro_libsci
  2. BLAS(Basic Linear Algebra Subroutines)
    super.sc.imr.tohoku.ac.jpにログインし、それぞれ下記のコマンドで閲覧できる
    BLAS1関数一覧: $ man blas1
    BLAS2関数一覧: $ man blas2
    BLAS3関数一覧: $ man blas3
  3. LAPACK(Linear Algebra routines)
  4. ScaLAPACK(parallel Linear Algebra routines)
    ScaLAPACK概要: $ man intro_scalapack
  5. BLACS
    super.sc.imr.tohoku.ac.jpにログインし、下記のコマンドを実行
    $ man blacs
  6. IRT(Iterative Refinement Toolkit)
    Cray IRT概要、関数一覧: $ man intro_irt
  7. SuperLU DIST(sparse solvers)
    SuperLUユーザーズガイド
    オンラインドキュメント

アクセラレータサーバ(Cray CS-Storm)マニュアル

利用マニュアル

マニュアルは下記のPDFデータをご確認ください。

コンパイラ詳細マニュアル

ライブラリ詳細マニュアル

GPU-Accelerated CUDA Libraries

  1. CUDA API References

並列計算・インフォマティクスサーバマニュアル

並列計算・インフォマティクスサーバは以下の2つのシステムで構成されています。

  1. プライベートインフォマティクスサーバ(VPSサービス)
  2. 可視化サーバ

目的

  1. プライベートインフォマティクスサーバ(VPSサービス)
  2. 無料で占有して使用できる計算機です。
    予約ポータルサイトから、利用期間と必要な計算資源を予約します。利用期間中は計算機を占有できます。
    本システムではマテリアルズ・インフォマティクスを活用した研究を推進するため、データ解析作業を支援するためのデータ統合・解析・可視化機能を提供する他、利用者がプログラムやツールをインストールするなど、環境をカスタマイズして使用できます。また、32コアの計算機を最大4週間占有できるため、スーパーコンピュータでは実行できない長時間のジョブを実行できます。予約期間が終了すると計算機が自動で破棄されるため、必要なデータはスパコンシステムのストレージに保存してください。


    使用できる計算機の上限:
    ・ コア数:32
    ・ メモリ使用量:550GiB
    ・ 使用期間:4週間

    お勧めのユーザー:
    ・ インフォマティクスを活用したデータ解析を行いたい方
    ・ 計算機環境をカスタマイズして使用したい方
    ・ 計算機を占有して使用したい方
    ・ 小規模だが長時間のジョブを実行したい方
    ・ スーパーコンピュータにインストールされていないプログラムやツールを使用したい方

    予約ポータルサイトURL
    https://cmsportal.sc.imr.tohoku.ac.jp/reservation_portal/login


  3. 可視化サーバ
  4. 可視化用のアプリケーションを使用する場合に使用します。
    プライベートインフォマティクスサーバよりも可視化サーバのほうが高速に描画できます。

    お勧めのユーザー:
    ・ 計算結果の可視化を行いたい方


利用マニュアル

マニュアルは下記のPDFデータをご確認ください。