CCMS

東北大学 金属材料研究所 計算材料学センター

Center for Computational Materials Science

ファイル転送方法

  1. Windows PCでのファイル転送方法
  2. Mac, Linux PCでのファイル転送方法

Windows PCからのファイル転送方法

Windows PCでファイル転送を行う際は、WinSCPを使用します。

(1) 公開鍵の変換

  1. WinSCPでは、秘密鍵をOpenSSH形式からPuTTY形式に変換する必要があります。 PuTTYgenで変換することができます。puttygen.exeをダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたputtygen.exeを実行し、「Conversions」メニューから「Import Key」を選択します。
    PuTTYgen_window1
  3. 変換したいOpenSSH形式の秘密鍵を指定すると「PuTTYgen: Enter pasphr...」というウィンドウが表示されるので、 鍵を作成した際に入力したパスフレーズを入力し、「OK」をクリックします。
    PuTTYgen_window2
  4. パスフレーズが正しければ、以下のように「Key passphrase」と「Confim passphrase」が入力された状態となります。
    PuTTYgen_window3
    ここで、「Save private key」をクリックするとPuTTY形式の鍵へ変換されるので任意のフォルダに保存します。

(2) WinSCPによるファイル転送

  1. WinSCPを起動します。
  2. Loginウィンドウにある「Advanced...」をクリックします。
  3. 左側のタブで「Connection」->「Tunnel」を選択し、「Connect through SSH tunnel」にチェックを入れます。 「Host to setup tunnel on」内の「Host name:」にcms-ssh.sc.imr.tohoku.ac.jpを「User name:」に スーパーコンピューティングシステムのユーザーID(例:user01)、「Private key file:」にPuTTY形式の 秘密鍵の保存場所(例:C:\user01\user01_putty.ppk)を指定し「OK」をクリックします。
    WinSCP_window1
  4. Loginウィンドウで、「Host name:」に接続したいホスト名(例:super.sc.imr.tohoku.ac.jp)を、 「User name:」にユーザーID(例:user01)を入力します。
    WinSCP_window2
  5. 「Save」をクリックし、セッションの保存名(例:user01@super.sc.imr.tohoku.ac.jp)を入力して「OK」をクリックします。
    WinSCP_window3
    次回以降は、保存したセッション(例:user01@super.sc.imr.tohoku.ac.jp)を選択し、「login」をクリックします。
  6. 「Passphrase for key "imported-openssh-key:"」に秘密鍵のパスフレーズを入力し「OK」をクリックします。
    WinSCP_window4
  7. 「Password」にユーザーIDのパスワードを入力します。
    WinSCP_window5
  8. 以下のように接続先のディレクトリやファイルが表示され、ファイル転送が可能となります。
    WinSCP_window6

Mac, Linux PCからのファイル転送方法

Mac, Linuxでのログイン方法にて、ssh_configの設定を行うと、sftpコマンドおよびscpコマンドにてファイル転送できます。

sftpコマンドにて接続する場合

[username@machine]$ sftp super.sc.imr.tohoku.ac.jp
Enter passphrase for key ‘/home/username/.ssh/keys/id_rsa’: passphrase
password: password
Connected to super.sc.imr.tohoku.ac.jp. sftp:~>

scpコマンドでファイル転送する場合

[username@machine]$ scp program.f gpu.sc.imr.tohoku.ac.jp:/home/username/