CCMS

東北大学 金属材料研究所 計算材料学センター

Center for Computational Materials Science

東北大学金属材料研究所計算材料学センター共同利用研究 「GPGPU移植・高速化支援サービス」

目的

東北大学金属材料研究所計算材料学センターでは、2018年8月に更新したスーパーコンピューティングシステムにおいて、演算加速装置としてGPGPUを備えたアクセラレータサーバCray CS-Storm 500GTを導入しました。そこで、「GPGPU移植・高速化支援サービス」を実施することで、アクセラレータサーバの有効利用を促進します。

サービス内容

申請者が独自に開発したプログラムで、GPGPUへの対応による性能向上が見込まれるものについて、GPGPUへの移植およびチューニング(OpenACC/CUDA化、CUDA対応ライブラリへの接続など)を行います。申請は公募制とし、計算材料学センターで審査を行います。なお、選定の段階で申請者に対してヒアリングを行う場合があります。GPGPUへの移植が難しい、若しくは性能向上が難しいと判断された場合は、その旨の結果を報告します。

募集件数

年間最大2件

申請条件

1. 申請者は本センターのスーパーコンピューティングシステム利用者であること。
2. 利用支援にあたり、必要な情報(プログラムの内容など)の提供に同意でき、打ち合わせの実施に協力できる方。
3. 支援対象となるコードは自作プログラムであり、C、C++、Fortran、CUDAのいずれかの言語で記述されていること。また、著作権に問題がないこと。
4. 支援対象となるコードがMPI、またはOpenMPに対応済の並列プログラムであること。
5. 本センターのアクセラレータサーバ、もしくは並列計算・インフォマティクスサーバでの動作実績があること。
6. 本サービスによる成果物の著作権およびライセンスは、原則として申請者に帰属するものとする。

申請方法

申込書に必要事項をご記入の上、申込書提出先まで電子メールに添付して送付してください。

締め切り

2019年6月28日(金)

審査期間

1か月

申請からの流れ

申請からの流れ

申込書提出先

〒980-8577
仙台市青葉区片平2丁目1-1
東北大学金属材料研究所 計算材料学センター
E-mail: ccms-info@imr.tohoku.ac.jp