CCMS

東北大学 金属材料研究所 計算材料学センター

Center for Computational Materials Science

計算物質科学スーパーコンピュータ共用事業

1. 概要

2015年度より材料科学、物性科学、分子科学の3分野に関係する事業として、ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題についての検討委員会によりポスト「京」重点課題アプリケーション課題(重点課題(5)エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発、重点課題(7)次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成)や、ポスト「京」萌芽的課題アプリケーション開発(萌芽的課題 基礎科学の挑戦 - 複合・マルチスケール問題を通した極限の探求)が設立され、さらにJSTの科学技術人材育成コンソーシアムの構築事業として計算物質科学人材育成コンソーシアム事業、元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>も開始されました。

これら、上記3分野に共通性の高い大規模並列計算を志向したプロジェクトを支援し、各分野コミュニティにおける並列計算の高度化へさらなる取り組みを促すことを目的として東北大学 金属材料研究所は東京大学 物性研究所、自然科学研究機構 分子科学研究所と共に「計算物質科学スパコン共用事業」を運営しています。これを受け、当センターでは2016年度より当センターのスーパーコンピュータのCPU資源の20%までを、研究課題の推進に利用していただくべく、「計算物質科学スパコン共用事業枠」を設置することといたしましたので、利用希望者は以下の要領で申請をしてください。

2. 利用可能な計算資源

東北大学 金属材料研究所 計算材料学センターのスーパーコンピュータ(Cray XC50-LCおよびCray CS-Storm 500GT)

システム名 スーパーコンピュータ
機種名 Cray XC50-LC Cray CS-Storm 500GT
サーバ台数 計算ノード 293台
I/Oノード等 27台
29台
CPU

Intel Xeon Gold 6150

  1. 周波数   :2.7 GHz
  2. CPUコア数:18 Core
  3. 搭載数   :2基/サーバ

Intel Xeon Gold 6150

  1. 周波数   :2.7 GHz
  2. CPUコア数:18 Core
  3. 搭載数   :2基/サーバ
アクセラレータ -

NVIDIA Tesla V100 for PCIe

  1. 演算性能 :7.0 TFLOPS
  2. GPUコア数 :5,120 Core
  3. 搭載数  :10基/サーバ
主記憶容量 768 GiB/サーバ 768 GiB/サーバ
システム総演算性能 3.03 PFLOPS
(CPU性能: 1.00 PFLOPS, GPU性能: 2.03 PFLOPS)
システム総CPUコア数 11,592 Core
システム総GPUコア数 1,484,800 Core (290基)
システム総主記憶容量 241.6 TiB

2.1 利用可能なノード時間積

計算物質科学スパコン共用事業枠全体で当センターのスーパーコンピュータ(Cray XC50-LCおよびCray CS-Storm 500GT)ノード時間積の20%まで

3. 研究課題および利用資格

3.1 研究課題

  1. ポスト「京」重点課題アプリケーション開発「重点課題(5)エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」に関連する研究
  2. ポスト「京」重点課題アプリケーション開発「重点課題(7)次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成」に関連する研究
  3. ポスト「京」萌芽的課題アプリケーション開発「萌芽的課題 基礎科学の挑戦 - 複合・マルチスケール問題を通した極限の探求」に関連する研究
  4. 計算物質科学人材育成コンソーシアム事業に関連する研究
  5. 元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>における各プロジェクトに関連する研究

3.2 利用資格

上記の研究対象を推進する者で、国・公・私立大学および国・公立研究所等の研究機関に所属している研究者

  1. ポスト「京」重点課題(5)の課題代表者および課題分担者
  2. ポスト「京」重点課題(7)の課題代表者および課題分担者
  3. ポスト「京」萌芽的課題(1)の課題代表者および課題分担者
  4. 計算物質科学人材育成コンソーシアムの次世代若手研究者
  5. 元素戦略プロジェクト<研究拠点形成型>の課題代表者

4. 申し込み方法、審査について

4.1 申し込み方法

前ページのフローの中のスパコン共用事業枠の課題申請をご確認ください。

4.2 審査について

申請に対するノード時間積の割り当てに関しては、計算物質科学スパコン共用事業運営委員会の手続きによる審査に基づきます。

5. 利用期間および利用料金

5.1 利用期間

2019年4月1日から2020年3月31日まで

5.2 利用課金

許可されたノード時間積による計算機資源管理を行います。利用料金は徴収しません。

6. 利用報告書

次年度の初めに別途送付する利用報告書をセンター宛に提出して頂きます。なお、課題毎の使用したノード時間積等の情報を計算物質科学スパパコン共用事業運営委員会に報告しますので予めご了承下さい。

7. 研究成果の公表

  1. 研究成果を論文として発表してください。
  2. 論文中の謝辞に「金属材料研究所のスーパーコンピュータを利用した」旨を明記してください。
  3. 論文の別刷一部を金属材料研究所計算材料学センター宛に送付してください。

例文1:The authors would like to express their sincere thanks to the crew of Center for Computational Materials Science of the Institute for Materials Research, Tohoku University for their continuous support of the supercomputing facilities.

例文2: This work has been performed under the Supercomputing Consortium for Computational Materials Science of the Center for Computational Materials Science, Institute for Materials Research, Tohoku University (Proposal No. K****).

なお、計算材料学センターの英文名は次のとおりです。
Center for Computational Materials Science